XRQ技研業務日誌

ものづくりを楽しんでいます。日々の暮らしの中に面白そうなものを探しながら

使い勝手の改良

改良したMLA

 この写真からは、何なのかわからないと思います。RCAジャックとSW-40に組み込まれたポリバリコン、そして配線カバー2本が写っています。実は配線カバーの中に、エレメントのワイヤーが収納されています。
 これまでいろいろとMLA(Magnetic Loop Antenna)を作ってきました。実際に使ってみて少しずつ改良してきたところです。QRPで使用するならば、キャパシターに高耐圧のものを使用しなくても、トリマーや通常のコンデンサーでもどうにか使用できることがわかりました。形状が安定していれば、周囲の影響を比較的受けにくく、毎回、調整をしなくてもおおむね使うことができるようですが、キャパシターの整合は大変にクリチカルで、ちょっとした変化で同調点が動いてしまい、その幅は極端に狭いことがこのアンテナの特徴です。
 そこで、ワイヤーを配線カバーに沿わして形状の安定を図り、キャパシターにはトリマーと固定コンデンサーを抱き合わせで、同調を取るようにしました。そして複数のバンドで使用できるよう、キャパシターをスイッチで切り替える構成のものを作ってきました。
 調整については、アンテナアナライザーを使い、SWRとインピーダンスのグラフを参考にしながら、同調点を求めてきました。
 直径1mほどの小さなアンテナでも、効率はそれほど良くありませんが、そこそこ電波が飛んでくれ、実際の使用ができることを実験してきました。

 その実験の過程で、いくつか改善点が浮かび上がってきました。
 ? トリマーの使用の件ですが、小型軽量で基板に組み込んで使えるのですが、調整には、専用の道具”調整棒”を使わなくてはならず、細かな調整に手間取ることが多くありました。予め調整をして移動先にもっていくのですが、やはり不安になり、整合が取れているかいじることが多かったです。一度動かしてしまうと、なかなか整合点が見つからず難儀しました。
 これをポリバリコンに変更しました。スイッチによりバンドを切り替えるのではなく、ポリバリコンで調整する方式です。実際に使用してみると、ポリバリコンを動かすことで、容易に受信音のピークが見つかります。その位置がアンテナの整合が取れている点でした。アンテナアナライザーで確認してみると、ポリバリコンに振れる手の影響が多少出ていますが、おおむね、受信状態でノイズが最大になるよう調整すれば、アンテナの整合が取れることがわかりました。
 ポリバリコンにダイヤルを付け、調整位置がわかるようにしておくと、バンド毎に調整するのに便利でした。トリマーに比べてポリバリコンの方が操作性が格段に良くなります。
 ? 配線カバーは携帯性を考慮し、できるだけ短くするようにしてきました。しかし、1本を短くすると、継ぎ足さなければならない数が増えてしまいます。組み立てにも手間取ることになります。そこで、市販されている1mの配線カバーをそのまま使うことにしました。エレメントを3mとし、ポリバリコンはAM用の260pFのものを使用します。FT37-43のトロイドにエレメント線を貫通させ、リンク線を7回巻いてTRCVからの入力としました。この部分のコネクターにはRCAジャックを使いました。BNCへの変換コネクターを使えば、通常の同軸ケーブルも使えます。
 使用時は、配線カバーの蓋と身2本ずつを組み合わせて、輪を作り、エレメントを沿わせます。真ん中にポールを添えてやれば、形状も安定します。
 そして、収納時にはエレメントを配線カバーの中に入れてしまえば、すっきりと収まります。

 携帯時には全長1mの棒状のものになりましたが、車のトランクに入れても嵩張りません。このMLAで40mと30m、20mで充分整合が取れることを確かめました。また、エレメント長を2m弱とした、直径60cmのものでは40,30,20,17,15mで使えそうです。実験をしながら、少しずつ改良していくのは楽しいものです。