XRQ技研業務日誌

ものづくりを楽しんでいます。日々の暮らしの中に面白そうなものを探しながら

トラブルシュート その4

f:id:shig55:20200801074304j:plain

Whip Ant Dpもどき

 外出自粛が続いている。都県を跨いだ移動は心理的な圧迫があり出来そうもない。東京では他府県ナンバーが走っていても何の違和感もないが、地方に行くと練馬・品川・足立など東京のナンバーを見かけるとあまりいい顔をされなくなっている。早く収束してほしいものである。

 野外運用に出かけられないので、部屋の中での実験をしている。以前作ったアンテナのテストをした。2本のホイップとチューナーを組み合わせて複数のバンドに出られるようにしたものである。バンドを設定しリグにつないで運用していると急にSWRが上がってしまう現象が起きた。リグから取り外し、測定してみると正常である。繰り返していると時々思いもよらない値を示すことも出てきた。どこか不具合が起きてしまったようである。 簡単な回路なのですぐ見つかるだろうと、ケースを開けてみる。目視で確認するが外れている個所は見当たらない。中身の見えない部品はポリバリコンだけである。リグの出力を大きくして送信した後、不具合が出ていたようにも思う。内部の絶縁が損傷してしまったのだろうか。ともかく、2つのポリバリコンを交換することにする。
 交換が終わり、動作確認をすると正常に働くときもあるのだが、時々不具合が起きている。ポリバリコンが原因ではなかったようだ。作業を進めているとき、1本の線が外れていることに気づく。配線については何度も確認しているので外れたのは直前のようだ。改めてハンダ付けをして接続するとそれまで起きていた不具合が起きなくなった。その配線はコネクタのGNDに接続される配線だった。これが接触するか離れるかという接触不良の状態になり不具合が起きていたようである。目視ではわからなかった。線が外れて初めて確認できた不良個所である。
 トラブルシュートの基本は目視ではあるが、目視ではわからない接触不良もある。テスターを使ってしっかり導通を確認していればわかった不良である。また、正常に動作するときと不具合が出る時の状況から考えればこの接触不良は想定できたはずである。しかし、回路が単純で安易に取り組んでしまった結果、部品交換など余計な作業をしてしまった。基本通りの手順を踏んでいればと反省する。
 
 改めてこのアンテナをテストした。40mから12mまでのバンドで整合が取れることを確認する。短いホイップであるので効率という点ではあまり期待できない。高い周波数ならそこそこ飛んでくれそうである。部屋の天井から吊るしたこのアンテナでコンテストのCQを出している局に呼びかけてみる。何回かの呼びかけで応答がもらえた。山の上などロケーションの良いところで使ってみたい。一日も早く移動自粛が緩和され、この鬱陶しい雰囲気が晴れることを願いたい。

手すさび

f:id:shig55:20200717114832j:plain

パラコードを使ってのロープワーク

 手遊びと言っても、賭博のことではない。文字通りの手での遊びであり、時間つぶし、手慰みである。パラコードという4mmφほどの太さのコードを1本持っていると結構時間がつぶせる。さまざまな結び方があり、なかなか奥が深いからである。
 その太さや材質、用途などによって紐・コード・ロープ等々いろいろな名称があるが、結び方はロープワークと言われている。ロープは手の延長のように、ものを押さえたり、結びつけたり、固定したり、繋げたり、いろいろな役割を担うことができる。ロープは道具であり、それをどのように使うかは使う人に任されている。逆に言えば使い方がわからなければ役に立たないものである。そのため、それを必要とされる場ではさまざまな使い方が工夫され伝承されてきた。そのどれもが美しい造形である。使われ方に応じて太いものもあり細いものもある。登山や救助などの場面では命を預ける太く丈夫なものが使われ、キャンプなどでは生活を便利にする時には細引きと言われるものが使われる。
 その結び方を楽しむのだ。先人たちから伝えられた結び方を思い出しながら試してみる。手順が一つ違っただけでも異なる結び方になってしまうので、思い通りに結ぶのは難しい。結びにならないこともある、似ているが何か違うこともある。試行錯誤をしながら結び目を作っていくうちに時間が経ってしまう。

 最近覚えたのは「叶結び」である。一方から見ると「口」の形で、後ろ側から見ると「十」の形になっている。「口」と「十」で「叶」という字になることから名づけられたという。できてしまえば簡単な結びなのだが、ほんの少し手順が違うと「叶」の形にならない。繰り返し繰り返し結んでいき、思い通りの形にたどり着くように練習する。試行錯誤をしながら結びの全体像を探っていく。
 「粉屋結び」というのも見つけた。粉を入れた袋の口を紐で綴じる結び方である。片方の手で袋の口を押えながらもう一方の手で紐を巻き付けて口を綴じる。手を放してしまえば袋の口が開いてしまうので、口を押えながらいかに紐を巻き付け固定するかがポイントである。粉屋さんは無意識のうちにやっていた動作であろうが、確実にできるようになるまで繰り返し練習するのも手すさびである。

 本結び、男結び、もやい結び、8の字結び、ふた結び、巻き結び、ひばり結び、引き解け結び、蝶結び、よろい結び・・・ それぞれの結び方のバリエーションも豊富である。思いつくままにコードを弄っていると時間を忘れてしまう。頭と指先を使う老化防止の手すさびである。

コンテスト その2

f:id:shig55:20200709100421j:plain

QRPでもコンテストなら交信できる

 このところコンテストづいている。6mアンドダウンというコンテストがあった。名前のように6mバンドの50MHzよりも波長の短いバンドでのコンテストである。
 50MHzバンドはその昔、入門バンドであった。バンドの幅が4MHzと広く、波長が6mという手ごろな長さであるので、アンテナの工作にも、さまざまな実験にも手ごろなバンドだったのだ。電波の種類も多様でAM、SSB、FMそしてCWとそれぞれの周波数で住み分けていた。特にアンテナ工作は手ごろな長さで扱えるので、いろいろな種類のアンテナが実験されていた。
 私もアマチュア無線を始めたころ、HFは未知の世界で近づきがたく、50MHzで運用することが多かった。スクエアロー、ヘンテナ、ダイポール、HB9CV、ヘリカルホイップなど自作を楽しんでものである。
 
 さて、最近はHFでの運用が主で、VHFやUHFにはほとんど出る機会がなかった。今回のコンテストで困ったのはアンテナである。急遽、用意しなければならない。まず50MHzは手持ちの伸縮ホイップアンテナを2本組み合わせてダイポールアンテナとした。本棚に沿わせて設置した。144MHzは当初、15cmほどのヘリカルホイップで運用していたが、如何せん飛ばない。そこで64:1のトランスを噛ませたロングワイヤーを試してみたが、飛んでくれない。なかなか調整ができないので、試しに50MHzのダイポールを繋いでみたところ、そこそこ電波が飛んでくれた。とりあえず、これを使うこととする。430MHzは以前、FMで使っていたコーリニアアンテナがベランダに取り付けたままになっていたのでこれを使うことにした。しかし、今使っているリグのアンテナ接栓はBNCである。変換プラグを使わなくてはならない。いくつかの変換プラグを組み合わせてどうにか接続した。損失が大きくなっているようだが仕方がない。
 急ごしらえの設備でのコンテスト参加となった。モードは電信である。普段、ほとんどシグナルを聞くことのないV/UHFのバンドも、この時ばかりは賑やかである。数ワットのQRPでも相手にしてもらえる。バンドの中を一通り呼びまわって、新しい局が見当たらなくなると次のバンドに移る。そんな運用で半日を楽しんだ。局所的に突発的に発生する、極度に電子密度の濃い電離層、スポラディックE層(Eスポ)が出たようで、50MHzでは九州の複数の局とコンテストナンバーの交換をした。また、HFではあまり繋がることのなかった近隣の局とも交信することができた。
 コンテストは得点を競うのが主体なのだが、イベントとして楽しめるのもよいものである。ウィズコロナで外出自粛をしている中ではあるが、工夫をしながら生活を楽しんでいる。

 

コンテスト

f:id:shig55:20200701081642j:plain

シンプルなパドルでも実戦で活躍した。

 

 あるコンテストに参加した。アマチュア無線でのコンテストは、一定のルールの下に交信することができた局数を競うものである。従って、より広く、より多くの局と交信するためには電波をより強く出す方が有利である。大電力と数十メートルの高いタワー、フルサイズのアンテナ、指向性のある何段にも重ねた八木アンテナなどが使われることもある。さらに通信技術や長時間の運用に耐える体力も必要である。
 一方、コンテストには別の面もある。普段お空に出ることの少ない方も参加されるので、初めての方と出会える機会でもあるのだ。コンテストが始まると静かだったバンドがたくさんの局に埋め尽くされる。選り取り見取り、繋がりそうな局を見つけて呼びかける。これまで交信したことのない土地から出ている局と繋がることもある。交信の幅を広げることもコンテストの楽しみである。
 コンテストではルールに従った交信内容を送受する。今回のコンテストではRSTというシグナルレポート(了解度・信号強度・音調)と運用地点を示す番号、そして年齢を示す符号を送ることになっていた。年齢は10代はA,20台はB、30代はCという具合である。女性の場合には年齢を聞くのは失礼という意味合いからかYという符号が用いられている。
 24時間に亘って行われるコンテストだが、上位入賞を狙っての参加ではないので、時間の取れるところで参加した。伝播のコンディションが良かったのでいくつものバンドで初めてお会いする局とも交信できた。結果は23局だったが、年齢構成を見てアマチュア無線を楽しんでいる方々の状況を垣間見る思いがした。若い方たち、年齢符号でいうとAからDの方とは1局も交信できなかった。50代の局が4、60代の局が6、70代の局が10、80代の局が2、そして女性局が1という集計である。
 携帯電話もインターネットもなかったころ、科学技術に憧れて無線を始めた人たちである。神田や秋葉原の露店で真空管や部品を探し回り、様々な雑誌から情報を集め、同好の人のお宅を訪ね、作ることの面白さ、工夫することの楽しさ、そして自ら手掛けたもので交信できることの喜びに夢中になった人たちである。

 コンテストという些細な機会ではあるが、アマチュア無線の状況がはっきり表れているように思う。50代以前の若い方が少ないのだ。アマチュア無線は不確実性を楽しむものである。今の電波事情は極超短波が主体で、確実な通信が当たり前になっている。携帯電話にしてもインターネットにしても、通信できるか否かよりその内容が主体である。コンテンツを楽しむ時代になっている。
 無線技術の底辺を支えてきたアマチュア無線の楽しさを若い世代にいかに伝えていくから課題になってきている。
 因みに、私の送った年齢符号はGで、今回交信いただいたの中ではマジョリティである。

野鳥の襲来

f:id:shig55:20200623084102j:plain

オナガムクドリの襲来

 このところ、ギーギー、ビービー、ビヨビヨという濁音の鳴き声がやかましい。ビワの実が色づいてきて食べ頃になったのだ。オナガムクドリが頻繁に来ている。どうもオナガの方が上位のようで、オナガが居なくなるとムクドリが来る。そして、オナガが現れるとムクドリが去っていく様子が見られる。
 鳴き声がやかましいので窓から覗くと、夢中になって実をついばんでいる。くちばしを実の中に差し込み、果肉を食べているようだ。果肉が半分ほどになるとビワの種が落下し実も落ちてしまうので木の下は残滓が重なっていく。
 窓からの覗いているうちはよいのだが、写真を撮ろうと網戸を開け、カメラを向けるとけたたましい鳴き声を発して一斉に飛び立ってしまう。食べることに夢中になっているように見えて警戒を怠っていない。気づかれないようにそっと撮影をしようとするのだが、いつも気づかれてしまう。鳥とのかくれんぼをしながら撮影をした。
 オナガは単独や数匹で来ることが多いが、ムクドリは集団である。どうも役割分担があるようで、食べることに夢中になっている個体と、周囲を警戒している個体がある。しかし、オナガに比べると警戒心は薄いようで、ビワの実を味わっている様子を撮影するのは容易である。
 散歩の途中、足下の植え込みから顔を出し餌をついばむ様子を見せることも多いムクドリである。餌を得ることにどん欲で、集団で行動し、ハイエナのようなイメージを持っていたのだが、ビワをついばんでいる姿にはかわいらしさも感じる。それに対して、オナガは鳴き声はともかく、長い尾をなびかせて優雅に空を舞う姿に好感を持っていたが、ビワの実をついばみながらの警戒心の強さ、警報を発するときの緊張感など野生の姿を見ることができた。

 庭の片隅に餌場を設けている。残りご飯を一日乾かして撒いている。朝、鳴き声が聞こえ、雨戸を開けると目の前をスズメが飛んでいく。あえて姿を見せて餌を催促しているような様子である。キジバトが車庫の屋根や玄関先に待っていることもある。常連になっているスズメやキジバトは人の姿を見ても遠くまでは逃げず、近くで様子を見ながら餌場の残りご飯を食べてしまう。天候に関係なく、雨の日も昼頃には残りご飯はきれいになくなっている。ある日、半乾きのご飯の固まりを置いたのだが、なかなかなくならなかった。細かくせずに固まりのまま出したときも食べに来なかった。鳥たちにも好みがあるのだろう。

 ビワの実が熟しておいしい時期、しばらくは鳥たちとのかくれんぼが続きそうである。

 さらに強者が現れた。カラスである。木からビワの実をもぎ取り、咥えて近くの屋根に移って食べている。カラスの姿があるとほかの鳥たちは寄り付けない。

ハイバンドが開けてきた 2

f:id:shig55:20200609083356j:plain

24MHz,28MHz MLA

 

 コンパクトなMLAでもコンディションが開けてくれば電波は飛んでくれることがわかったので、さらに挑戦してみることにした。これまでよりも高い周波数である24MHzバンドや28MHzバンドに挑戦した。
 アンテナの長さは波長に規定される。波長は電波の速さ÷周波数で求められる。単位を調整すると300÷周波数(MHZ)が波長となる。24MHzでは300÷24=12.5となり波長は凡そ12mである。そのため、基本的なダブレットというアンテナの場合には24MHzバンドの場合1/2波長であるの6m、28MHzバンドでは5mの長さが必要である。
 この波長の電波を今回挑戦するMLA(マグネチック・ループ・アンテナ or マイクロ・ループ・アンテナ)ではループとキャパシタによる共振回路によってとても小さなアンテナとして動作させている。
 今回実験したのは150cmのワイヤーと最大容量56pFのキャパシタである。このワイヤーでループを作ると50cm弱の輪にするのだが、真ん中に支えを入れたひし形での実験である。こんな小さなアンテナから12mや10mの波長の電波が飛び出してくれるのだろうかと不安になるのだが、アンテナの進行波と反射波の関係を示す数値である定在波比SWRを測定してみると、ほぼ供給された電力が全て電波として放射されていることを示す1に近づけることができた。
 アンテナは電波を送り出すだけではなく、受け取る役目もある。しっかり受け取ることができれば受信性能が良いことになる。このMLAを使って受信してみると他のアンテナに比べて多少信号が弱いのだが受信できていた。アンテナとして動作はしているが、性能は今一つなのは致し方ない。
 
 ところで、携帯電話やテレビジョン、また衛星放送では高い周波数の、波長がとても短い超短波や極超短波が使われている。これらは直進性が強いので見通し内での通信が基本である。それに対して短波での通信では電離層などの影響を大きく受けるので、機器の性能というよりも自然要因による伝播の状態に負うところが大きい。そこで、このようなコンパクトなアンテナでも条件が良ければ通信ができるだろうという試みなのだ。
 結果は、部屋の中につるしたこのMLAに数wのトランシーバーを繋ぎ、札幌や兵庫、熊本の局と交信することができた。携帯電話のようにいつでも繋がるわけではないが、条件が整えば思いもよらないところと繋がる面白さがある。ものづくりの楽しさと自然を相手にした幸運を楽しむアマチュア無線である。 

カワウ オンステージ

f:id:shig55:20200602082427j:plain

カワウ オンステージ

 石神井川小平市のゴルフ場内にある湧水を源流として、西東京市を経て練馬区に入り、さらに板橋区、北区を経て隅田川に合流する一級河川である。
 源流部は暗渠化されているが、小金井公園でその姿を見せ、西東京市付近では細い流れである。練馬区に入ると三宝寺池や富士見池その他の湧水が合流し流れが大きくなる。

 私が子どものころは川の周りは水田が広がり、田に水を引くための小川が幾筋も流れていた。土手から川に向かって洗い場という石組みの場所があり、大根などを洗っていた。その後、都市化が進み、周辺に住宅ば増えると川に汚水が流れ込み、悲惨な状況になってしまった。自然の流れがどぶ川になってしまった。公害などとともに社会問題となり、改修が進められた。下水道が整備され、護岸工事が行われてきた。
 すぐ手の届くところを流れていた川は、高いブロックの護岸によって深いところを流れるようになってしまったが、澄んだ流れの中に水草がそよぎ、カモなどの水鳥が集まるところになっている。
 この川べりが私の散歩道である。川に沿ってサクラが植えられているので、その季節には枝が川を覆い、見事な風景になる。散った花びらが川面を流れる花筏の風情は格別である。シジュウカラジョウビタキムクドリ、ウグイスなどいろいろな鳥たちが姿を見せる。ハクセキレイや時にはキセキレイを見かけることがある。川に沿って飛ぶカワセミの輝くような青色の背中も見られる。カルガモはほぼ通年見られるが、オナガガモコガモマガモカイツブリハシビロガモなど渡りの途中で立ち寄るものもいる。アオサギコサギチュウサギが流れの中の餌を探している姿はよく見かける。
 先日の散歩の途中、中洲の石の上で羽を広げているカワウを見かけた。水深のある所を潜りながら狩りをしている姿はよく見かけるのだが、こうして羽根を乾かしている姿は珍しい。護岸の上からだが、近づいて写真を撮っても羽を広げたままである。ステージの上で衣装を披露しているファッションモデルのような動きである。野鳥の公園などで見かけた、杭の上に留まり羽を広げる習性があるのは知っていたが、こんな小さな川の中州で、しっかり石を見つけてその上で羽を広げている。なんともほほえましい姿である。

 都市の中の河川はゲリラ豪雨など、最近の激しい気象に対処し水害を防ぐという大事な役目を持っている。道路の下に巨大な導水路が作られ、また遊水地を整備するなど対策がとられている。しかし、平時においてはこうした動植物の暮らす場として、私たちに安らぎを与えてくれる場でもある。散歩の途中、枝先から水中に飛び込んで小魚を捕えるカワセミや、潜ってから思いがけないところに顔を出すカイツブリの様子をのんびり見ているのは楽しい。身近な自然を大事にしていきたいものである。