XRQ技研業務日誌

ものづくりを楽しんでいます。日々の暮らしの中に面白そうなものを探しながら

Scrap and Build

かつての光が丘清掃工場

 テレビ番組で、山口県の萩がどうして世界遺産になったのかということが取り上げられていた。城下町である萩の町の区割りが昔のままに保存されているのが、その主な理由とのこと。さまざまな要因が重なって、上級武士の住んでいた町の姿が残されているのだそうだ。特に、当時の居住区が高台であり、中央部の残されていた低地はあまり利用されていなかったが、明治以降の近代化の過程で、その低地に行政機関などが作られることで高台にあった町の区画が壊されることなく残っているのだという。
 通常、新しいものを作るには、それまであったものを取り壊し、新たなものを作るのが通例である。限られた土地を活かすにはそうせざるを得ない。前のものを残しておきたくても、余裕がないのが現状である。
 光が丘にあった清掃工場は、米軍家族の居住地であったグラントハイツが返還され、この地域の再開発が始まった当初に作られたものである。街自体を作る大規模な開発で、高層住宅や商業施設、交通機関や行政施設、公園や災害対応の貯水池など様々なものが作られた。その一環として整備された清掃工場である。
 それは遠くからも見える、ランドマークともいえる真っ白な高い煙突を持ち、その先端には、よくオオタカが留まっていて獲物をねらっていた。このオオタカは隣接する光が丘公園のバードサンクチュアリに営巣している個体のようである。
 そんな街になじんでいた清掃工場であるが、大都市のごみ処理を担う施設としてさらに機能を高めなくてはならず、老朽化してきたことなどから建て替えられることになったという。致し方ないスクラップ アンド ビルドである。
 その解体が進んでいる。すでに高い煙突は見えなくたった。煙突の先端から徐々に輪切りにされ、内側を通じて排出されていったようである。外から見ていると煙突がだんだんに短くなっていくのが見られた。清掃工場は、たくさんの人が憩う公園や商業施設に隣接しているので解体による影響が周囲に及ばないよう工夫した工法が取られたようである。清掃工場の建物全体もシート状の構造物で覆われていて、多少、内部で行なわれている工事の音は聞こえてくるが、粉じんなどは出てこない。
 このような密閉された状態での工事なので、もし内部で火災などの災害が発生したとき、どう対処するかという訓練も行ったと光が丘消防署の方から聞いた。さまざまな人々がかかわって取り壊しが進んでいる。
 青空に輝いていた煙突がなくなってしまったのは寂しいが、新たなものを作るためのスクラップである。まだまだ難しい工事は続いていくと思うが、都市需要に対応した清掃工場としてどのようなものに生まれ変わってくるのかを楽しみにしたい。

20th Anniversary

A1C 20th Anniversary

 私はアマチュア無線の同好の志が集う、A1Club(エーワンクラブ)に参加させていただいています。A1とは無線では、電波形式の「CW電信」を表わす記号です。電波法上でA1(主搬送波を振幅変調し、変調用可聴周波数を使用しない電信)と定義されています。そして 電信は、聴覚受信を目的とする電信A1Aと、機械による自動電信受信電信A1Bと分類されています。もちろん、私のやっているのは手送り、耳で聞き分けるA1Aです。
 このクラブは入会条件が「CWが好き」「モールス通信に興味がある」それだけという、いたって緩い集まりで、電信を楽しんでいます。1998年に発足メンバー11人によって始められ、私がメンバーに加えていただいたのが2003年、今年は創立20周年と言うことになります。
 設立趣意書に中に「CWはその効率の悪さ故、ついにプロの世界ではその使命を終え消え去ろうとしています。 効率第一、能率優先、無駄の切り捨て、などとストレスのたまる昨今、せめて趣味の世界でCWを肴に楽しんでいたいと思いませんか。」という文言があります。特殊な例を除いて、電信が商業利用される場面がなくなり、アマチュアの資格試験でもモールス符号の送受信という実技がなくなりました。人が自身の頭を使って行うデジタル通信としてのモールス符号が、このままでは記録としてしか存在しなくなってしまいそうです。モールス符号は実際に通信に使ってこそ意味があると思います。技能として残していくためには、アマチュアがその楽しさ、おもしろさを若い人達に伝えていくことが大事だと思います。
 モールスの習得にはいくつもの壁があり、時間のかかるものです。しかし、アマチュア無線を始めて、高度な技術を使いこなし、通信できるのが当たり前のような状況を経験すると、この原始的とも言える通信方法のおもしろさに回帰する人が多いようです。短点と長点の組み合わせという単純な音の断続の中に、思いの外多くの情報を込めることができるのです。ある意味ではモールス符号を聞いていると、それを打つ人のその時の心の状態までわかるように感じます。ですから、一度モールス符号に入り込むと、その魅力に取り込まれてしまうのでしょう。
 モールス符号で通信することのメリットとして、機材がシンプルであるが挙げられるでしょう。送信機は電波の断続だけで良く、符号を作り出すのも電鍵やパドルですので自作することも可能です。さまざまな工夫をすること、ものづくりも楽しめます。
 A1クラブは現在3000名を越えるメンバーを擁するようになりました。その中でも海外局との交信、QRP(小電力)通信、移動運用、和文による交信、などさまざまな楽しみ方をしている人達がいます。みなさん、「電信が好き」という人達です。20周年の今年、さまざまなイベントで「電信」を盛り上げていきたいと思います。
 写真は20周年の記念品として作成されたマグネットと手作りパドルです。

サヴィニャック

サヴィニャック 展

 練馬区立美術館で開催されているサヴィニャックのポスター展に行ってきた。「パリにかけたポスターの魔法」というサブタイトルが付けられた展覧会である。サヴィニャックという名前にはなじみがなかったのだが、その作品は目にしたことがある、どこか懐かしさを感じるポスターである。
 1949年に、すでに40歳を過ぎてからのデビューと言うことだから遅咲きのようである。活躍したのは1950年代から60年代にかけてということで、ルノーシトロエンダンロップミシュランBICなど私が子どもの頃から良く目にした会社のポスターを手がけてきたようだ。
展覧会場に入ってまず目に付くのがその鮮やかな色彩と、簡略化された造形である。一目見て何を訴えようとしているのかがわかる。一番最初の作品という「牛乳石鹸モンサヴォン」は大きなウシと、そこから出ている牛乳、そしてそれが石鹸になっている。余計な説明がなくても「牛乳石鹸」が自然と頭に入ってくる。
 展覧会の構成は大きなポスターがあり、その原画が並べられている。会場ではサヴィニャック自身が作品を制作している様子を映像で見ることができた。構図を単純化し、色彩を選び、ポスターの依頼主から要望された文言をどのように配置したらよいかなど、ポスター制作の過程を見ることができた。そうして原画が出来上がると、ポスターとして仕上げるために、次の人に渡すのだと語っていた。確かに、展示されている原画とポスターはとてもよく似ているのだが、微妙な違いもある。商業美術としての成り立ちも興味深い。
 マツダや森永、サントリーなど日本の企業から依頼されたポスターも展示されていたが、あまり記憶には残っていなかった。サブタイトルにあるように「パリ」の街という情景の中でこそ生きてくるポスターなのかも知れない。それでも。さまざまな作品を見ているうちに、気持ちが穏やかになってくるのを感じる。単純であり明快であることから感じる安らぎなのかも知れない。
 桜が開花し、寒さから解放されたような一日、美術館散策もいいものである。

Arduino

Arduino uno + shield

 ウィキペディアによると「Arduino(アルデュイーノ)は、AVRマイコン、入出力ポートを備えた基板、C++風のArduino言語とそれの統合開発環境から構成されるシステム。Arduino LLC および Arduino SRL が設計・製造を行い、登録商標を持っている。」と書かれている。このプロジェクトは2005年にイタリアで始まり、ロボット制御などに手軽に使える基板として安価に提供するとして始まったという。また、オープンソースハードウェアという考えから回路構成や基板情報などが公開されていて、誰でも同様な基板が製作できるようになっている。
 Arduinoという名称の使用にはライセンスが掛けられているそうだが、同じように動作する互換機が数多く出回っていて、驚くほどの安価で入手することができる。
 私はマイコン工作にはこれまでもPICやAVRを使ってきたが、周辺の回路を構成するのに結構手間がかかっていた。しかし、このArduinoは基板として提供されており、入出力のピンが基板の周囲に出ていて、さまざまな動作に活用できる。さらにRS-232シリアル接続でプログラムできるようにUSBコネクタが設けられていて、IDE(開発アプリ)から直接プログラムを書き込むことができる。実験にはたいへん便利なものである。
 使われている言語はC++に似たもので、私のようにBASICしか使ったことのない者でも理解しやすく、日本語の解説サイトもあって、すぐにプログラミングを試みることができる。Arduinoではプログラムをスケッチと呼び、C++ライクの言語で書いたものは自動的に変換されて基板のAVRに書き込まれる。

 その昔、BasicStampというBASICインタラプタが書き込まれたPICがあり、これを使ってモールス信号の練習機を作ったことがあった。今回、これと同じようなのをArduinoを使って作ってみることにした。あっけないほど簡単に回路が組み上がった。シールドというArduinoに親亀子亀方式で組み合わせる基板があり、それを使うことでほんの数カ所ハンダ付けするだけで出来上がってしまう。
 今回の練習機はアルファベットと数字、和文の仮名をランダムに送出し、少し遅れて液晶画面にその文字を表示するものである。16文字2行のLCDを使ったので、8文字づつ10回繰り返すものとした。仮名を表示するスケッチを書くのに多少手間取ったが、どうやら動作を始めるまでこぎ着けた。
 うまくいくと、さらに機能を増やしたくなる。そこで、欧文の交信でよく使われる略語、TNX、CUAGN、QRAなどの語をランダムに発生するモードを組み込んだ。実際の運用ではこれらの略語は符号としてよりも語として受信している。ひとかたまりの音として慣れてしまう方が良いのだ。繰り返しこれらの音を聞くことにより、交信が円滑になる。
 次に組み込んだのは和文の交信で使われる挨拶である。コンニチハ、オゲンキデなど である。これらも音のかたまりとして記憶してしまう方がよい。
 Arduinoの良いところは、スケッチの変更が容易なことである。使う人が自分に使いやすいように自由に変更することができる。また、開発用のArduino unoだけでなく、組み込みに使えるような小型のArduino nanoなどさまざな基板があり、同じスケッチを走らせることができる。
 Arduinoを使ったCW_Drill製作記事

皆既月食

皆既月食はじめと終わり

 夕方、散歩をしていると東の空にぼんやりした光が見えた。何かの光が雲に反射しているのだろうと思っていたが、しばらく歩いていて見上げると、それが月であることがわかった。薄い雲に隠れたおぼろな月である。
 そう言えば、今日は2015年4月以来の3年ぶりに皆既月食が見られることを思い出した。ほとんど月の形もわからないような、この雲が晴れてくれなければ、せっかくの機会が台無しである。
 とりあえず、準備をして月食の始まるのを待った。9時を過ぎる頃に空を見上げると、あの雲はすっかりなくなっている。月食はすでに始まっていて日食のようにはっきりした食ではないが、地球の影が月を隠しているのがわかる。9時50分頃には皆既月食が始まった。赤い月の出現である。
 地球の影に覆われた暗い月は、手持ちの機材でははっきりとした姿をとらえることはできないが、普段の月とは全く異なった赤い色を記録することができた。皆既とは言っても地球を回り込んで月に到達する赤い光は、月の部分部分の明るさを変えている。
 左の写真は21:45のもので、右は22:45である。明るい部分が移動しているのがわかる。
 天候を心配していたのだが、冬の澄み切った空の中できれいな皆既月食を見ることができた。自然の美しさに感動である。

LED その2

電球型LEDライト

 前回LEDについて書いたのが14年11月である。リフレクター内蔵のLEDを見つけて、どんな用途で使えるか、ワクワクしながらこれまでのLEDの変遷について触れた。
 あれから3年、LEDが照明の分野に大きく広がっている。シーリングライトが蛍光灯からLEDに変わり、家の中では白熱灯がほとんど姿を消してしまった。東京都では白熱電球をLED電球に交換する事業も行っているほどである。自動車でもヘッドランプにLEDが使われるようになり、テールランプやウィンカーのほとんどがLEDになっている。地球温暖化防止、省エネという観点からLEDの特性を生かした使用分野がますます広がっている。
 先日、100均の店を眺めているとき、おもしろいものを見つけた。電球型をしたLEDライトである。箱の表示には150ルーメン相当とあり、結構な明るさのようだ。これまでもLEDライトはさまざまなものが100均で売られていたが、5mmφの砲弾型のLEDを複数並べて明るさをとっているものだった。そこそこの明るさはあるが、光に均一性がなく照明としては限定的で、トーチライト的なものであった。
 この電球型のライトは、まるで白熱電球のような形で、しっかりと均一な光を出す構造である。LEDは1個のようだが、高出力のものが使われているようでUSB電源で使用する。(追記 その後、このランプを分解したところ、1個のLEDではなく、10個の表面実装LEDが使われていた。砲弾型ではなく広拡散のLEDを平面上に並べる構造だった。)モバイルバッテリーが一般化しているので、それと組み合わせることを想定しているようだ。
 実際にモバイルバッテリーに接続して点灯してみると、結構明るい。部屋の中でも使えるし、テントの中などでは十分な明るさだ。近くに持ってくれば本を読んだりするのにも使える明るさである。複数のLEDからの不均一な光と違い、周囲を明るくしてくれる穏やかな光である。これが100均で売られていることは驚きである。LEDの生産技術が進んだおかげであろう。安価に、大量に、高性能なものが作れるようになった。そして、それを有効に使うデザイン力も高まったおかげである。

 さて、この製品にはUSBプラグがついているのだが、なにもUSBに拘ることはないと考えた。電池で駆動させればいつでも使えるのではないか。そこで、単三電池4本用のスイッチ付きケースと組み合わせた。電池にはニッケル水素の充電池を使う。4本でおおむねUSBと同じくらいの電圧が得られる。点灯持続時間を測ってみると、2時間経過してもまだまだ明るさは十分であった。トーチライトではなく、夜間の気持ちをほっとさせる、広い範囲を照らすあかりとして非常時用に備えておきたいと思う。技術は暮らしを豊かにするためにあると思うが、こんな些細なところにも技術の恩恵が見られるのは嬉しいことである。

Simple SWR その2

EFHW Tuner with SWR

 以前、SWRメーターの反射波のみをLED表示する機器と作ったことがある。アンテナを調整する場合、できるだけ送信機とアンテナとの整合をとって、効率的に電波を送り出すためには反射波を少なくすることが行われる。送信機からの出力は個々に決まっているので、損失を少なくアンテナに送り込むことが大事になるからだ。損失が少なくなれば進行波は結果的に多くなるはずなので、アンテナの調整では、あえて進行波を測定しなくてもよいと考えた。以前作ったものは通常のSWR計の回路を用いて、一方の反射波のみを表示するようにしたものだった。

 同じような考えをする人がいるようで、DF3OS Hans Steinortさんがネットで公開している”QRP ATU"も反射波のみを表示するものであった。ただ私の製作したものと異なるのは、ピックアップコイルが反射波専用のものであり、回路がとてもシンプルな点である。この回路なら小さな基板に組み込むことができそうである。
 調べてみると、DJ6TE Dieter EngelsさんとDL9SCO Hannes Hillerさんによってアレンジされた回路が20×15mmという小さな基板に起こされて頒布されているようである。表面実装部品を使い、トロイドも小型のものでコンパクトにまとめられている。

 私なりに手持ちの部品でアレンジして、この反射波のみのSWRメータを作ってみた。この回路の面白いところは、反射波の大きさを表示するのにLEDを使っているが、1つには電流制限の抵抗を入れており、もう一つにはツェナーダイオードを入れていることである。反射波が小さいうちはツェナーダイオードに邪魔されてLEDは点灯せず、抵抗が入った方のLEDが反射波の大きさに応じて明るさを変える。ある大きさを超えたところでツェナーダイオードを通った電流でもLEDが点灯するようになる。反射波の大きさを2つのLEDで表示できるのだ。もうひとつ面白いのがピックアップコイルの反対側のリードに、LEDとショットキーダイオードを抱き合いで付けていることである。本来、このリードはGNDに接続されるのだが、LEDとショットキーダイオードを逆極性で抱き合わせることでGNDに接続している状態を作り、反射波が減り、進行波が増えてきた場合にはこのLEDが点灯するようにしたのである。数量的にはともかく、この工夫によって整合の状態がよりわかりやすく表示される回路である。
 タカチのSW-40という30×20×40mmのケースの中にEFHWのチューナーと一緒にこの回路を組み込んだ。LEDが小気味よく表示してくれるので整合の様子がわかりやすい。なかなか便利な回路である。
製作のページ